Eorzean

ファイナルファンタジー14:エオルゼア民のための便利情報

カテゴリ: マクロ


モブハンをしていると、頻繁にリスキーモブの第一発見者であったり
必ず現地に先に着いているようなプロハンターがいると思います。

そのような人をPCサーチで検索すると、
居場所から次にどのマップで沸くのか大体察しがつきます。

サーチ画面を開く→名前を入力→検索
という作業をいちいち行うのは面倒なので、これをマクロ化してしまいましょう。

続きを読む

パッチ3.2よりターゲット相手の足元にAoEを設置できるようになり、
下記の新しいマクロを使用している人は多いと思います。

例: /ac フレイミングアロー <t>
効果:ターゲットしている相手の直下にフレイミングアローの範囲を設置する。

これは<t>ではなく<me>でも発動可能なので、ARTVでも紹介されていましたが、
例えばPvPで女神の慈悲マクロを組んだりするのにも使えます。

続きを読む

ギャザラーのギアセットに着替える時用のマクロです。

例えば園芸師のギアセットの登録番号が5なら、
下記の内容でマクロを作ります。

/gs change 5
/wait 1
/ac トゥルー・オブ・フォレスト
/wait 1
/ac 蒐集品採集
/micon 5 gearset

これで着替えるのと同時にトゥルーオブフォレストと蒐集品採集のバフが入るので、
蒐集品を取りたい時に使い忘れる心配がなくなります。
通常の採集をしたい場合は、採集ウィンドウを開いた後からでも切れば大丈夫です。

採掘師ならトゥルー・オブ・ミネラルに置き換えます。

個人的にはマップ内の未知は全て見れるようにしておきたいので
どちらのギャザラーでもマクロの後ろにもう片方のトゥルー・オブ〜も登録してしまっていますが、これはお好みで。

クラフターのリーヴ品をひたすら納品したい時に便利なマクロです。
マーカーを付けた対象をターゲットし、そこまで勝手に移動してくれます。
※ただし、クエストの受注NPCと報告NPCが同じマップにいる必要があります

まずギルドリーヴの受注NPCに攻撃1のマーカーを付け、
リーヴアイテムの納品NPCに攻撃2のマーカーを付けておきます。
その状態で下記のマクロを押すと、マーカーの付いたNPCをロックオンして走ってくれます。

マクロ①
/ta <attack1>
/lockon
/ac スプリント
/automove

マクロ②
/ta <attack2>
/lockon
/ac スプリント 
/automove 

詩人のアイアンジョーの更新タイミングをなんとなくお知らせするマクロです。

/ac アイアンジョー <t>
/ac アイアンジョー <t>
/ac アイアンジョー <t>
/ac アイアンジョー <t> 
/ac アイアンジョー <t>
/ac アイアンジョー <t>
/ac アイアンジョー <t>
/ac アイアンジョー <t>
/ac アイアンジョー <t>
/ac アイアンジョー <t>
/ac アイアンジョー <t>
/ac アイアンジョー <t>
/wait 12
/echo <se.5>
/micon アイアンジョー 

このマクロを使ってジョーを撃つと、詠唱開始時点から12秒後にSE5番が自分だけに鳴ります。
DoTの残り時間で言うと約7秒です。
鳴ってから2回WSを撃った後にジョー更新くらいでちょうど良いタイミングになります。

なぜこの秒数が推奨かというと、先にエンピやアビリティを使いたいときに
GCDに食い込んでずれることがあるのと、2体以上にDoTを維持している時の対策用です。

マクロは仕様上最後に使用したマクロの音しか鳴らせないので、
2体維持の場合では、SEが聞こえたらDoTの残り時間の短い方に1WS後に、
3体維持の場合には一番残り時間の短い敵に即更新でちょうど良くなります。

※上記と同じ理由で、他のマクロ(フレイミングアロー<t>での設置など)は併用できません。

se.5はマクロで設定できる音の中で一番静かなので、
他の人がお知らせ用として使っていることが少なく、邪魔になりにくいです。
空いている行はすべて/ac アイアンジョー <t>で埋めることで先行入力に近い動作をするようになります。


チャットログのログフィルター設定のアナウンスタブで「/echoで出力するテキスト」をオフにできます。
ログ流しが気になる場合はここのチェックを外しましょう。

 
また、<t>を<f>にすると、タゲを変えることなくフォーカスターゲット相手にスキルを撃てます。
こちらは単純に操作が楽になるので、タイマー部分は省いたとしても
DoTの2体維持用に作っておくと便利です。

/ac アイアンジョー <f>
/ac アイアンジョー <f>
/ac アイアンジョー <f>
/ac アイアンジョー <f> 
/ac アイアンジョー <f>
/ac アイアンジョー <f>
/ac アイアンジョー <f>
/ac アイアンジョー <f>
/ac アイアンジョー <f>
/ac アイアンジョー <f>
/ac アイアンジョー <f>
/ac アイアンジョー <f>
/wait 12
/echo <se.5>
/micon アイアンジョー 

3.2のレイド等でよく使用されている消耗品製作用の各種クラフターマクロを紹介します。

まずは各種竜薬、ベイクドピピラ・ピラ、フローズンカクテル、マロングラッセといった
使用頻度の高いレベル58~59のレシピに使えるマクロです。

製作時のステータスは
 作業833
 加工750
 必要CP396

工数はLv59レシピで919で、上記のステでは模範作業IIが1回につき239上がり
模範作業II×4回=956となり、合計で37余るので
作業のステータスにはある程度余裕があります。

加工も余裕があるので集中加工は正直入れなくてもいいのですが、
どちらにせよ1マクロには収まらないので、 低品質を引いた時の対策として入れています。
最初に入っているヘイスティも同様の理由です。 
 
マクロ①
/ac コンファートゾーン <wait.2>
/ac インナークワイエット <wait.2>
/ac ステディハンドII <wait.2>
/ac ヘイスティタッチ <wait.3>
/ac 集中加工
/ac 加工 <wait.3>
/ac 集中加工
/ac 加工 <wait.3>
/ac 集中加工
/ac 加工 <wait.3>
/ac 集中加工
/ac 加工 <wait.3>
/ac 模範作業II <wait.3>
/ac マスターズメンドII <wait.3> 

マクロ②
/ac 模範作業II <wait.3>
/ac 模範作業II <wait.3>
/ac ステディハンドII <wait.2>
/ac 集中加工
/ac 加工 <wait.3>
/ac 集中加工
/ac 加工 <wait.3>
/ac 集中加工
/ac 加工 <wait.3>
/ac グレートストライド <wait.2>
/ac ビエルゴの祝福 <wait.3>
/ac 模範作業II

集中加工の後ろにwaitを付けず、次の行に加工を入れることで
高品質なら集中加工が発動し、そうでなければ加工が発動します。
続きを読む

↑このページのトップヘ