Gamescom 2019で行われた吉田Pへのインタビュー記事2本の内容翻訳です。



Q. ヨコオタロウさんはYoRHa:Dark Apocalypseのアライアンスレイドにどの程度関わっているのでしょうか?

吉田P:
非常に重要な役割を担っています。
製作に全面的に関わっていて、シナリオだったり、コンテンツのアイデアも考えています。

織田さん:
レイドで出てくるボスを選んだり、サウンドトラックも見ています。

吉田P:
そしてNieRの世界からFF14に登場させたいキャラクターもヨコオタロウさんが選んでいます。
なので、NieRのキャラクターが実際に出てきます。
楽しみにしていてください。




Q. ジョブ調整はどんな内容を予定していますか?

吉田P:
いくつかやらなければいけないことがあります。
まず、忍者のプレイフィールの改善が必要なので、忍者についてはパッチ5.1で大きな改修を行います。
もう1つ調整を検討しているジョブは侍で、特にレベル80のアクション「照破」は使う機会がないとの意見をプレイヤーから頂いているので、5.1で照破関連の変更を予定しています。
召喚士のペット操作関連についてもパッチ5.1で変更があります。


Q. ニーアのような規模で、今後他のゲームとのコラボをする予定はありますか?

吉田P:(完璧な英語で)トップシークレット!