各プレイヤーのダメージのうち、ドラゴンサイトが乗る部分をFFLogsから計算し、
誰に線を繋ぐのが最適だったのかを教えてくれるツールです。
UltrosサーバーのPlatinum Xepheraさん作成。

Tether Calculator - https://tethercalc.herokuapp.com/


使い方

非常にシンプルで、FFLogsの該当URLを入力するだけです。

例えばこのログが見たい場合:
https://www.fflogs.com/reports/N3CvqhVpbmYHzWtP#fight=18&type=damage-done

Report URLにこれをそのまま入れて、Analyzeをクリックします。

すると、各ドラゴンサイト効果時間中のPTメンバーのダメージが多い順に表示されます。

example1
https://tethercalc.herokuapp.com/N3CvqhVpbmYHzWtP/18

キャラ名の背景がの場合は正解、の場合は不正解だったということです。

このログでは2回目の線は忍者に繋いでいますが、正解は詩人でした。

incorrect

竜なし(またはドラゴンサイト使用なし)のURLを入力した場合はエラーになります。




サイト解説

右下のリンク More about this site から見れます。


これは何?

竜騎士のアビリティ「ドラゴンサイト」を誰に繋ぐのが最適なのかを計算するためのツールです。


○○は考慮してる?

大体してます。

・ペットのダメージは除外(エギ/タレットに効果は乗らない)
・実際に線を繋いだ相手への5%バフは除外
・繋ぐ前に入れたDoTダメージは除外
・効果が切れた後に入れたDoTダメージは除外
・サイト中に更新し、その後残っているDoTダメージを含む
・サイト中にワイルドファイアに蓄積されたダメージを含む

現状このツールで計算されていないのは「光輝の盾」の反射ダメージです。
反射ダメージ量は召喚士ではなく各自のステータスに基づいているので
おそらく竜の眼のバフ効果を受けると思われますが、非常に小さい差です。


どうやってるの?

各ドラゴンサイト効果時間中に下記の方法で計算しています。

1. ドラゴンサイトの20秒中に各プレイヤーのDoT/ペット以外のダメージを取得。
2. 各DoTの判定。
 ・サイト前に付与されたDoTダメを除外。
 ・サイト中に付与されたDoTダメは、サイト効果切れ後も加算。
 ・ワイルドファイア用には、サイト時間中に入ったタレット以外のダメージの25%として計算。
3. 実際にドラゴンサイトが繋がれていたプレイヤーから5%分引く。